TEL 0120-444-890

受付時間 09:00-18:00 水曜定休

〒328-0012

栃木県栃木市平柳町2丁目13-20

住宅の工法 建て方

住宅の工法は大きく分けると在来工法(木造軸組工法)、ツーバイフォー工法、プレハブ工法(鉄骨構造)、鉄筋コンクリート造(RC造)の4つの工法に分けられます。

  • 在来工法(木造軸組工法)
  • ツーバイフォー工法
  • プレハブ工法(鉄骨構造)
  • 鉄筋コンクリート造(RC造)

在来工法(木造軸組工法)

在来工法とは日本古来より伝わる伝統的な工法で木の柱と梁で骨組みを組み、筋交い(すじかい)という斜めの材で地震等の横からの荷重に耐える構造になっています。

日本で昔から建てられてきた工法の為、日本らしいデザインが引き出しやすい工法です。また木という素材は鉄やコンクリートに比べて、軽くしなやかな上にはるかに高い遮熱性能も持ち合わせていますしコストの面でも比較的低く抑えられます。

伝統的な工法としてのデメリットとして従来は大工の技術力に左右されるところがあったが、近年は在来工法もシステム化が進みそれ程技術力に左右されず安定した性能を保てるようなものになってきました。

弱点としては床下や屋根裏の湿気による腐朽やシロアリ等の害虫による被害などが多いことが難点です。

ツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法とはアメリカやカナダから伝わってきた、材料寸法や釘等が規格化された合理的な工法です。木の間柱(2インチ×4インチ等)と合板等の板材で壁を作り、壁で建物を支える構造になっています。

材料寸法や釘の規格化によるコストダウンが期待できるのに加えて、職人の技術差による施工ミスを少なくすることが出来るのが特長です。

木という素材の断熱性能が期待できるのに加え、規格された合理性をそのままに、間柱を4インチから6インチや8インチに変えることで壁の厚みを増し、断熱性能を高める等、工法の特徴を活かした住宅も増えてきました。

柱や梁という点で支えるのではなく、壁という線や面で全体を支える工法ですので、地震等にも強いというメリットがあります。その反面、壁の量と配置バランスによって建物が構成されているため、壁に大きな穴をあけたりすることは不得手な工法と言えます。

プレハブ工法(鉄骨工法)

プレハブ工法とは鉄の柱や梁で骨組みを造る工法です。基本的な構造の考え方は木造軸組工法と同様ですが、鉄は木よりも非常に強度が高いため、柱や壁がない大空間や大きな窓を付けたりすることのできる、自由度が高い工法です。

また鉄はとてもしなやかで強く、細い材料で強い構造を造ることが出来る為、内部をすっきりとした圧迫感のない空間にすることができます。

一方で鉄は熱を通しやすい為、冬場は室内の温められた空気が外に逃げ易く、室内外の温度差による結露が生じやすくなります。

また、他の工法と比較して、火災時の高熱に弱い点や、防音性が劣るというデメリットがあります。

鉄筋コンクリート造(RC造)

鉄筋コンクリート造とは鉄筋という鉄の棒を網目状に組み、周りを板材で囲いを造り、そこにコンクリートを流し込むことで柱・梁・壁・床等を造る工法です。

コンクリートは脆く割れやすい、鉄筋は錆びやすい、というそれぞれの素材の弱点をお互いを補うことで、強固な構造となります。

鉄とコンクリートは熱による膨張率がほぼ同じであるなど、相性がとても良く、お互いの良いところ取り工法とも言えます。

また、コンクリートはとても重い為、音が伝わりにくく、防音性能にも優れています。一方デメリットとしては手間も時間もかかり、コスト的には高い工法になります。

また、コンクリートは熱を通しやすく、また熱を溜め込む量が大きいという特徴をもつ材料です。その為、冬場は室内の熱が屋外に逃げやすい為に寒く、夏場は日中の日射を溜め込んで夜に放出される為寝苦しい等、快適性を阻害する要因にもなります。

工法名 メリット デメリット
在来工法
  • ・日本古来の伝統工法で最も日本らしいデザイン
  • ・比較的低コスト
  • ・従来の在来工法だと職人の技術に左右され易い
  • ・シロアリ等の被害を受けやすい為対策が必要
ツーバイフォー工法
  • ・合理化されており施工ミスが無い
  • ・面で支えて軽い為地震に強い
  • ・壁で支える工法の為壁に大きな開口部がとれない
  • ・シロアリ等の被害を受けやすい為対策が必要
鉄骨構造
  • ・システム化されている為施工ミスは起こりにくい
  • ・コンピューターなどで構造計算がしやすい
  • ・システム化されてる為細かい間取り対応がしにくい
  • ・鉄骨と外部の温度差で壁体内結露を起こし易い
RC造
  • ・耐久性に優れる
  • ・耐震性に優れる
  • ・コンクリートが熱さも冷たさも通し易い
  • ・断熱性としてはあまり良くない

相談

住宅の工法についてご相談、ご質問がある方は住まいるネットワークまでお気軽にご連絡下さい。弊社では個別相談から無料で開催している住宅セミナーを行っております。

お気軽に住まいるネットワークまでご相談ください

TEL 0120-444-890

受付時間 09:00-18:00 水曜定休