TEL 0120-444-890

受付時間 09:00-18:00 水曜定休

〒328-0012

栃木県栃木市平柳町2丁目13-20

住宅ローンの金利タイプ

住宅ローンの金利タイプには変動金利、期間限定固定金利、全期間固定金利の3つが存在します。選び方は現在の年収、頭金、リスクを考えたうえで決めることが賢い選び方となり、一概に誰しもがこの金利タイプが良いとは言えません。

変動金利とは

変動金利とは3ヶ月や6ヵ月など一定の利払い期にそのときどの金利情勢に合わせて金利を見直す方式で民間金融機関では主流となっている方式です。

他の期間限定固定金利、全期間固定金利などの方式に比べて時勢の合わせた金利を出せて金融機関サイドにとってリスクが少ない為他の方式に比べると一番金利は低いことがメリットとして挙げられます。

ただ一般的な住宅ローンにおいては金利は変動したとしても5年間は返済額を変えない返済額5年固定方式を採用している金融機関がほとんどです。

その返済額5年固定方式の場合、金利上昇時に発生する未払い利息を最終返済時に一括返済しないといけないというリスクは発生します。

※未払い利息=返済額5年固定方式の場合に途中で金利上昇があった際に発生するその時点では払わなくて良いが後程払わないといけない金利返済となっております。

期間限定固定金利とは

変動金利とは3ヶ月や6ヵ月など一定の利払い期にそのときどの金利情勢に合わせて金利を見直す方式で民間金融機関では主流となっている方式です。

他の期間限定固定金利、全期間固定金利などの方式に比べて時勢の合わせた金利を出せて金融機関サイドにとってリスクが少ない為他の方式に比べると一番金利は低いことがメリットとして挙げられます。

ただ一般的な住宅ローンにおいては金利は変動したとしても5年間は返済額を変えない返済額5年固定方式を採用している金融機関がほとんどです。

その返済額5年固定方式の場合、金利上昇時に発生する未払い利息を最終返済時に一括返済しないといけないというリスクは発生します。

※未払い利息=返済額5年固定方式の場合に途中で金利上昇があった際に発生するその時点では払わなくて良いが後程払わないといけない金利返済となっております。

全期間固定金利とは

全期間固定金利とは借入期間ずっと固定のままで時間が経過しても金利水準は変化しない金利方式です。

借入期間の間金利が変わらない方式。民間金融機関でも全期間固定金利の商品あるが金利を比較すると住宅支援機構のフラット35の方が安い為、一般的には全期間固定といえばフラット35を指すケースが多いです。

フラット35の場合は民間金融機関の様に保証料はかからないが、民間金融機関では金利に込みになっている団体信用生命保険料が別途かかるところが注意となっております。

フラット35とは

フラット35とは民間金融機関と住宅支援機構が共同で提供している長期固定の住宅ローンのことを言います。新築住宅の建築・購入と中古住宅の購入に利用することができます。

同機構の前身である住宅金融公庫が2003年に開始し、04年に現名称となった。長期固定金利としては民間金融機関の固定金利より金利が低い為長期固定金利の代名詞としてフラット35を指す場合も多くあります。

また国の政策として一定の条件を満たした高性能住宅では5年もしくは10年の期間金利0.3%を引き下げるフラット35Sを使うことが可能となっております。

- 変動金利 期間限定固定金利 全期間固定金利
メリット 金利が安い 固定期間については返済額がハッキリする。全期間固定に比べ多少金利が安い 将来に渡り返済額が確定し予測が立てられる
デメリット 将来の金利上昇リスクがある。未払い利息を最終返済時に一括返済しなければならない 固定期間が終了すると金利引き下げ優遇幅が縮小する 変動金利に比べたら金利が高い。団体信用生命保険費用が別途発生する(フラット35の場合)
- 変動金利 固定金利
期間 短い返済期間におすすめ 長い返済期間におすすめ
金利情勢 高金利時代におすすめ 低金利時代におすすめ

相談

住宅ローンの金利タイプについてご相談、ご質問がある方は住まいるネットワークまでお気軽にご連絡下さい。弊社では個別相談から無料で開催している住宅セミナーを行っております。

会社名
  • 住まいるネットワーク株式会社
  • スマイルネットワークカブシキガイシャ
  • 所在地 〒328-0012 栃木県栃木市平柳町2丁目13-20
    電話番号 0282-29-1717
    FAX 0282-29-3399
    URL http://www.smile-network.co.jp