TEL 0120-444-890

受付時間 09:00-18:00 水曜定休

〒328-0012

栃木県栃木市平柳町2丁目13-20

将来を考えて金利のタイプを選ぼう!変動金利とは

「家を購入する予定だけれど、お金の面が一番不安…」

家の買い物は人生に何度もありません。

金銭面で、不安を感じている人も多いですよね?

ましてや、長い期間お金を払い続けなければならない住宅ローンは、家計の管理にとって、非常に重要です。

真剣に家の購入を考えているからなら、ローンの種類を事前に詳しく知っておきませんか?

今回は、住宅ローンといえばよく聞く、変動金利の金利タイプについてご紹介します。

変動金利って何?

変動金利は、基本的に半年に一回金利が見直され、金利変動の影響をそのまま受けるタイプの金利です。

ただし、相手の求める限り金利が上がり続ける、ということはありません。

金利の変更には、下記のようなルールが定められています。

  • 返済額の改定:5年毎
  • 改定後の返済額:以前の1.25倍以内

このため、限度なしで金利が上がることはありませんが、それでも不安は残りますよね。

では、変動金利のメリット・デメリットとはいったい何なのでしょうか。

変動金利のデメリット

変動金利は、金利上昇幅が大きくなると、返済額がどんどん大きくなってしまいます。

限度があるとはいえ、毎5年ごとに1.25倍になる可能性がゼロなわけではありません。

金利を払うのも精一杯で元本を減らせない問題が生じる場合もあります。

では、変動金利には全くメリットがないのでしょうか?

変動金利のメリット

変動金利のメリットとしては固定金利に比べて適応金利が低いことがあげられます。

そのため金利上昇が無ければ、返済額を抑えることができるのです。

色々な要因で金利が下がることもあるので、思いがけず安い金利になる可能性もあるでしょう。

また、期間限定型固定金利に比べ、返済額上昇の上限を1.25倍として定めているので、急激な返済額増加は避けられます。

変動金利について、お分かりいただけましたか?

自分にとってどのタイプが有利なのかということは、計算上だけでは確実に判断することはできません。

将来金利が何パーセントになるかということは誰にも分かりませんし、何年もローンを支払う間に何かしら不足の事態が起こることも考えられるからです。

しかしながら、それぞれの仕組みや特徴を知って自分のライフプランに合った金利タイプを選ぶことで、突然の事態にも備えることができますね。

住まいるネットワークでは、新築の家の購入をご検討されている方に無料で住宅ローンを始めとする住まいの悩み相談を受け付けております。

栃木で住宅の購入をお考えの方は当社までご相談ください。

お気軽に住まいるネットワークまでご相談ください

TEL 0120-444-890

受付時間 09:00-18:00 水曜定休